忍者ブログ

Persönlichkeit des Tons

「MUSIC JUNKY」の後続。ドイツ語で「音の個性」と言う意味

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
そんな訳で作業の続きですね。
本当に果てしない作業です・・・・

前回はバーナーフィニッシュに向けて焼き目を入れました。
今回はデタッチャブルネック、またの名をボルトオンと呼ばれる
ネックの接続部分をボルトで固定する方法から
セットネックと呼ばれるネックとボディを接着剤で接着する作業と
「研の粉」と呼ばれる研いだ粉末を水で溶いて木の目から湿気や
外気から守る役目の目止めと呼ばれる作業を紹介します。



まずネックの接続部分をちゃんと接合出来る様に削ります。
ここが結構面倒で慎重な作業です。

 
こうやってキッチリとはまってくれるまで平らに削る作業が大変でした・・・
空いている穴はボルトで固定するための穴なので後で塞ぎます。


これが「砥の粉」です。
色も木に合わせて白で塗ります。


まずはネック部分を砥の粉で塗るとこんな感じになります。
白くなってますね。


今度はボディです。
杢目が薄れる程しっかりと塗り込みます。
こうしないと木材には導管と呼ばれる水を吸う管が
線となって出ているのでそこにしっかりと詰める様に
砥の粉を縫っていかないと湿気でダメになってしまうので
結構しっかり塗り込みます。

この後の写真がちょっとないのですが、この後は雑巾で拭き取ります。
乾くと意外とボロボロととれるのですが硬く絞った雑巾で
刷り込む様に拭いていきます。

この後にようやく塗装作業が出来るのですが、すぐに塗装とはいきません

プライマーサーフェイサーと言う下地剤を
厚めに吹いてからクリアーを吹いていかないといけません。

そんな訳で次回は塗装段階です。

それでは。
PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
あしあと
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新のコメント
[09/07 天翔]
[08/29 NONAME]
[04/11 天翔]
[04/11 ちょっと気になる]
[04/11 天翔]
plugin_bottom_w.png
Copyright Persönlichkeit des Tons by 天翔(タカト) All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]