忍者ブログ

Persönlichkeit des Tons

「MUSIC JUNKY」の後続。ドイツ語で「音の個性」と言う意味

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
短いスパンで記事が書けるのはネタがあるからではありません。
結構前のブログより自由に書けることが増えたのと
短くても忘備録代わりに使う事を覚えたからですかね。

今日は前から思っていたことを書きます。
ちょっと・・・・いや、ギターの専門用語が並びます。
解りやすく説明書きもしていきますが
至らない部分が多々あるかと・・・・・
その時はご容赦ください。

大手ギターメーカーである「FERNANDES」
フェルナンデスと読みます。

往年のヴィジュアル系バンドファンならピンとくる名前です。
一躍有名にさせたのは永遠のギターヒーロー「hide」
彼が愛用していたギターの形「モッキンバード」と共に
有名にした大手です。

他にもラルクのkenや布袋寅泰など使っていました。

さて、その大手メーカーが出している唯一無二のP.U
「SUSTANER」サスティナーと読みます。

P.Uとはギターが音を出すためのマイクの様なもの。
そしてその音を電池が切れるまで延々とロングトーンを出せる装置
それがサスティナーシステムです。

はるか昔・・・・娘を創るずっと前ですかね・・・・・
サスティナーの初登場は25年前の1991年。
まだhideが生きていたころ。
 勿論hideのモデルにもサスティナーは搭載されています。
その頃のお話。

とある音楽雑誌の一説が私の網膜に焼き付きました。
それは「SUTANERを使ってギターをエイジングする」と言うもの。
最初は「なんじゃそりゃ?」って思いました。

ギターというのは長年弾いていくことで
経年劣化が自然な共鳴音となり、
いわゆる「鳴り」というものになります。

それを人工的に作ろうという記事でした。

私は元々中古を買い漁っていたタイプなので自然に鳴るものが
多かったので最初は「邪道だ」とか思っていたんですけど
基本的に長年弾くと言ってもせいぜい1日2~3時間
学生の頃は4~8時間とか弾いていたのですけど
社会人になるとさすがに無理なのでこのシステムもありなのかなぁと
最近思い始めました。

1日6時間ほど弦を1つ鳴らしっぱなしにして1週間
それだけでも変化があると記事にはありました。

でもシステム上ならせる弦は1本のみ。
6弦あるので6日必要です。
仕事行っている間に鳴らしっぱなしにしておくというのも
1人暮らしならよいでしょうけど家族と住んでいるとまず無理ですね。

しかもSUSTANERの値段は取り付け工賃込みで約3万円。
大体P.U1個の値段の相場が1万円ほどなのでちょっとお高めですが
P.Uが2つ付いて取り付け工賃込みなら・・・・まぁ安いでしょう。
当然ギターに大幅な穴を空けたりするのでその工賃だけでも
万札がすっ飛んでいくのでお得かなと思いますが
正直あまり使えるとは言えないP.Uなので賛否真っ二つです。

色々と考えてサスティナー付きの中古買ってきて
サスティナーシステムだけ取り払って外から掛ければ・・・・
なんて非現実的な事を考えたりしましたけど無駄なんですよねぇ。

結局弾いてやるのが一番って事です。

まぁ、あったら試してみたい奏法とかがあるので
持っている人がいたら試してみたいですね。
PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
あしあと
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新のコメント
[09/07 天翔]
[08/29 NONAME]
[04/11 天翔]
[04/11 ちょっと気になる]
[04/11 天翔]
plugin_bottom_w.png
Copyright Persönlichkeit des Tons by 天翔(タカト) All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]